東南アジア最新情報

2022/04/22 『カンボジア:カンボジアは債務危機が低リスク』 経済

カンボジアの債務の対GDP比率はアジアの発展途上国の中で最も低く、2028年にピークの38.1%に達し、2030年にはGDPの37%で落ち着くと予想されている。これは中程度のリスクのしきい値を3%ポイント下回る。

アジア開発銀行(ADB)によると、カンボジアの債務危機のリスクは依然として低く、公的対外債務の合計は、2022年にGDPの36.2%、2023年に37.1%という管理可能なレベルまで上昇すると予測されている。カンボジアは歴史的に常に低水準の対外公的債務を維持しており、経済収縮と財政対応政策が7%押し上げた2020年まで、GDPの平均30%、つまり88億USDだった。

カンボジアの対外借入は2つの方法に大きく依存している。 1つ目はアジア開発銀行(ADB)、国際通貨基金(IMF)、世界銀行などの多国間機関、2つ目は二国間(中国がほぼ半分を占める債権国から直接)から借り入れている。アジア開発銀行(ADB)は、カンボジアでは現地通貨建て債券の発行が急速に進んでいることを示した。経済財務省は、2022年の財産管理法案の一環として、3億USD相当の最初の国債を発行することを約束した。国債からの資金は、2022年の開発パートナーへの譲許的融資に追加され、エネルギー、かんがい、物理的インフラストラクチャーおよびその他の優先セクターに関連する35の公共投資プロジェクトを支援する。同省は、国債の発行はカンボジアに債務負担を生じさせないと述べた。

2021年12月、カンボジア王国政府(RGC)は政府証券法を採択した。これにより、国内または外部市場での債務証券および任意の通貨建ての発行が可能となった。

参照:Khmer Times 、12/04/2022

東南アジア最新情報

2022年
2021年
2020年
2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
お気軽にご相談ください
ベトナム人採用、ベトナム人求人に
精通したスタッフがご連絡差し上げます。
Webからのお問い合わせはこちら