東南アジア最新情報

2022/02/24 『シンガポール:物品・サービス税を7%から9%へ段階的に引き上げ』 経済

物品・サービス税(GST)が、2023年1月1日からと2024年1月1日からの2段階1%ずつの引き上げにより現行の7%から9%へ引き上げられる。
2024年に完全な引き上げが行われると、国内総生産年間収益の約0.7%(約35億シンガポールドル)がもたらされる。これは、医療費補助や高齢者支援を含めた福祉拡充の財源に充てられる。

2月18日、ローレンス・ウォン財務相は予算案に関する国会演説で、GSTの収入だけでは追加の医療費を賄うのには十分ではない。そのためシンガポールはGSTの引き上げだけでなく、個人所得税、固定資産税、自動車税の変更も必要であると述べた。

政府はGSTを7%から9%に引き上げる案を18年に発表したが、新型コロナウイルス感染症の影響により先延ばしとなっていた。運転免許証の発行手数料などの政府機関のサービス料、技術系専門学校の授業料、公共の駐車料金などは2023年は据え置かれる。但し大学の授業料や電子道路課金制度(ERP)などの非政府機関の料金には適用されない。

参照:The Straits Times、21/02/2022

東南アジア最新情報

2022年
2021年
2020年
2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
お気軽にご相談ください
ベトナム人採用、ベトナム人求人に
精通したスタッフがご連絡差し上げます。
Webからのお問い合わせはこちら