ベトナム最新情報

2019/10/07 共産党政治局、FDI誘致関連決議を初めて公布 政治

FDI誘致開始から30年経ち、共産党政治局は今後数年間の制度・政策の整備方針に関するテーマ別決議を初めて発行した。

共産党書記長 兼 国家主席であるグエン・フー・チョン氏は8月21日、外国投資協力の質及び効率改善の為に、
2030年までの制度・政策の整備方針に関する決議50号に署名した。

同局に強調された現時点から2030年のFDI誘致関連指導方針の一つは、
品質、経済効果、技術、環境保護等を評価基準としてFDIの厳選・誘致をすること。

また、先進技術、新技術、高技術、クリーン技術、高付加価値、スピルオーバー効果、生産チェーン、経済効果等のある案件を優先すること。
さらに包括的な目標は、高い競争力、国際統合等を重視する方向でFDIに関する制度・政策を整備すること。

また、同制度・政策の構築、改善、実施時の制限を克服すること。

統計によると過去30年間でベトナムは2万3000件以上のFDI案件があり、その登録資本金は3000億ドルを超える。
その内、導入資本金は約1610億ドル。
本決議の具体的な目標は、2021~2025年期は登録資本金が1500億~2000億ドル(年間300~400億ドル)、導入資本金が1000億~1500億ドルである。

また2026~2030年期の登録資本金が2000億~3000億ドル、導入資本金は1500億~2000億ドルである。

先進技術、環境保護、高度な技術を使用する企業の割合は、2025に50%、2030年に100%(2倍)に引き上げる。
労働者のうち職業訓練を受けた労働者の割合は、2017年の56%から2025年に70%、2030年に80%に引き上げる。

参照:VnExpress、 22/8/2019

ベトナム最新情報

2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
お気軽にご相談ください
ベトナム人採用、ベトナム人求人に
精通したスタッフがご連絡差し上げます。
Webからのお問い合わせはこちら