東南アジア最新情報

2021/12/23 『ベトナム:ホーチミン市の経済成長率見通しはマイナス6.78%、35年ぶりのマイナス』 経済

ホーチミン市の2021年の経済成長率は、▲6.78%のマイナス成長となる見通しだ。通年目標は+6%だった。

ホーチミン市人民委員会のファン・ヴァン・マイ委員長によると、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響で、特に6月から9月にかけて、経済社会目標は多くの困難に直面し、多くの目標を達成できなかったという。経済成長率はマイナスだが、総予算収入は21年の推計と比較し101.3%に達し、銀行・金融の成長が安定した。

ホーチミン市は2022年の目標として、新型コロナウイルス感染症への効果的で柔軟な対策、都市政権構築業務の質向上、投資環境の改善、企業との同行などを挙げた。ホーチミン市は19項目の目標を掲げており、都市の国民1人当たりの域内総生産(GRDP)6%~6.5%、14万人の労働者に新しい雇用を創出、都市の失業率4%以下などが含まれている。

参照:vietnambiz、 08/12/2021

東南アジア最新情報

2021年
2020年
2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
お気軽にご相談ください
ベトナム人採用、ベトナム人求人に
精通したスタッフがご連絡差し上げます。
Webからのお問い合わせはこちら