東南アジア最新情報

2015/02/25 ジェトロの調査:ベトナム進出日系企業の62.3%が営業利益を上げる 経済

 

日本貿易振興機構(ジェトロ)は12日、アジアオセアニア地域の20カ国・地域に進出している日系企業に対して行った現地での活動実態に関する2014年のアンケート調査の結果を公表した。それによると、2014年にベトナムに進出している日系企業の62.3%は営業利益を上げたと回答したが、この比率は前年の59.9%を上回った。
近隣諸国に比べれば、この回答率はインドネシアの60.9%を上回ったが、フィリピンの71.2%、タイの66.9%、マレーシアの66.4%を下回った。日本の投資家にとっては、2014年のベトナムの投資環境が改善されてきた。

ベトナムの投資環境に関する5つのリスクについて、ベトナム進出している日系企業458社の回答から見ると、企業の懸念は昨年よりも弱まったことが分かった。具体的には、2013年には調査対象企業の67.5%が「法制度の未整備及び運用の不透明性」と回答したが、2014年の回答率が60.3%に下がったという。
今までジェトロは28年連続で上記のアンケート調査を実施してきたが、昨年の調査はベトナム進出日系企業の720社に対して行われ、有効回答数はそのうち458であった。

(VnExpress、2015年2月12日)

東南アジア最新情報

2021年
2020年
2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
お気軽にご相談ください
ベトナム人採用、ベトナム人求人に
精通したスタッフがご連絡差し上げます。
Webからのお問い合わせはこちら