東南アジア最新情報

2021/09/24 『ブルネイ:アセアンで3番目に低い経済リスク』 経済

ブルネイ・ダルサラーム国(ブルネイ)はムーディーズ・アナリティクス(Moody’s Analytics)によりアセアンで3番目に低い経済リスクであり、アジア太平洋地域の20か国・地域中13位にランク付けされた。これは長引く新型コロナ感染症のパンデミックによるもの。

ムーディーズ・アナリティクスは8月30日に経済リスク指数を公表した。同指数はワクチン接種率が50%、新規感染者数が25%、直近7日間の人口100万人当たり死亡者数が25%の割合で算出された。最も低リスクにランク付けされた国はシンガポール、そして中国、カンボジア、香港、日本と続く。アセアン加盟国を見ると、ラオスが9位、そしてブルネイが13位だった。

8月初旬に戦略政策研究センター(CSPS)が発行したブルネイ経済アップデートによると、ブルネイの経済成長の見通しは引き続き顕著だが、不確実性が迫っている。第1四半期の縮小にも関わらず、2021年のブルネイ経済は緩やかに成長すると予測されている。これは外需と国内活動が強化されるにつれセクター全体の広域な成長が反映されるからだ。

5月のアジア経済見通し(ADO)2021年版によると、ブルネイ経済は外部環境の改善により2021年と2022年に強化される見込み。今年の国内総生産(GDP)の成長率は2.5%、翌年は3%と予測されている。
参照:Borneo Bulletin、01/09/2021

東南アジア最新情報

2021年
2020年
2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
お気軽にご相談ください
ベトナム人採用、ベトナム人求人に
精通したスタッフがご連絡差し上げます。
Webからのお問い合わせはこちら