東南アジア最新情報

2021/06/25 『カンボジア:非接触型決済が増加』 経済

オンライン決済の世界的リーダーであるVISAが発表した直近の顧客の支払傾向調査によると、カンボジア人の44%が新型コロナ感染症のパンデミック前と比べ、持ち歩く現金が減少したと回答した。

VISAのデータによると、カンボジアで非接触型決済の人気が高まっており、VISAの決済の71%が非接触決済だった。2021年第1四半期のEコマース取引は、2020年第4四半期に比べ4倍増加した。

同調査によると、回答した消費者が強調したキャッシュレス社会の主な利点は、感染拡大のリスクの低減(34%)、経済的包括性の促進(32%)、より効率的な社会(29%)、煩わしさの軽減(29%)が含まれていた。
キャッシュレス決済の成長はQRコード決済とクレジットカード決済により促進されている。

QRコード決済は請求書の支払いと飲食のために、より少ない現金を持ちたいと考える消費者の間で使用が急増している(両者とも25%の増加)。
これは新型コロナ感染症のパンデミックの影響によるもので、現金の使用が8%減少し、QRコード決済が44%増加した。

参照:Khmer Times 、03/06/2021

東南アジア最新情報

2021年
2020年
2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
お気軽にご相談ください
ベトナム人採用、ベトナム人求人に
精通したスタッフがご連絡差し上げます。
Webからのお問い合わせはこちら