[About GA Group]GAグループについて
[About Vietnam]ビジネスFieldとしてのベトナム。
[Top Message]1人の起業家の足跡と次世代へ託す夢。
[Staff Interview]G.A.コンサルタンツがくれたもの。
[Photo Essay]ベトナム、日本。日常静観。
新卒採用募集要項
中途採用募集要項
当社への応募は

[About GA Group]GAグループについて

3,600キロ離れた二つの国の距離をなくしたい…。そんな思いから出発して、新事業に挑み続けた15年。
 [図]GAグループ各社の拠点

GAグループが目指したもの

「日本とベトナムの距離をなくしたい」。そんな理念を掲げ、G.A.コンサルタンツは1995年に事業をスタートしました。ベトナムは、日本から3,600キロも離れた遠い国。しかし1980年代に始まったドイモイ政策(改革開放)で目覚しい経済発展を遂げ、日本にとって重要な経済のパートナーになるに違いない。物理的な距離は縮まらないまでも、人の行き来が頻繁に行われる環境づくりを行い、パートナーシップを深めていけば、距離の壁を埋めることもできるはず。そこに大きなビジネスチャンスを見出したことが、G.A.コンサルタンツ出発の原点でした。
それから15年余り、G.A.コンサルタンツは「ベトナム」と「人材」という2つのキーワードをベースとして、他社に先駆ける独自のビジネスや、枠にとらわれない新たな領域でのビジネスに挑戦し続けてきました。

[図]GAグループ 各社の事業領域

日本とベトナムをつなぐ人材サービス

G.A.コンサルタンツがまず取り組んだのは、ベトナム人技術者の招聘事業です。ベトナムの工科系大学に通う理系学生に、日本語や日本の生活習慣を教え、優秀な技術者を求める日本の企業に紹介するという新しいサービスは多くの企業の支持を集め、G.A.コンサルタンツを支えるコア事業へと成長を遂げました。
優秀な人材に対するニーズは、経済発展著しいベトナムにおいても同様に高まっています。そこでグループ企業として2006年にベトナム現地にて総合人材サービスの「Vieclam Bank(ベクラムバンク)」を設立。ベトナムに進出した日系企業や現地企業の採用活動をサポートするとともに、日系企業に対し現地での法人設立に関するアドバイスや事業ライセンス取得に必要な書類作成をサポートするなど、現地進出を支援する活動も手がけてきました。

介護分野でも新事業

また「人材」をキーワードに、介護職・看護職の人材派遣事業にも乗り出しています。高齢化が進む日本では、介護現場で人材不足が大きな課題。そこでGAグループは、人材サービスで他社にない経験とノウハウを生かし、2007年10月に「GAライフケア株式会社」を設立。老人福祉施設にヘルパー2級など介護専門職の有資格者を派遣・紹介することで、介護現場の人材不足解消に一役買っています。国では今、介護の現場の人材不足を補う目的で、外国人介護福祉士の受け入れを進めています。そう遠くない将来には、ベトナムからの人材受け入れも認められるでしょう。GAグループが持つベトナムとのパイプを生かし、ビジネスチャンスは今後さらに広がることが期待されます。

社会から必要とされるビジネスを

たった3名でスタートしたG.A.コンサルタンツは、こうして新たなビジネスを切り開き、グループとして300名のスタッフを擁するまでに成長を遂げました。しかし、新事業への挑戦がここで終わるわけではありません。GAグループは、経済環境の変化に左右されない強い経営体質を築き上げるため、これまで以上に強い意志と意欲をもって新事業の開拓を加速しています。未来の事業について自由に議論し、意見交換する風土を社内に根付かせるため、全社員が新事業のアイデアを提案する「新規事業の種」コンテストも毎年行っており、その中からニュービジネスも始まっています。昨年から日本で働く外国人に住宅を紹介する不動産事業をスタート。またベトナムの教育産業の成長に注目し、日本語学校を設立。大学への出資も行いました。
GAグループは、事業会社として収益を追求しなければなりません。利益をもたらす事業とは、すなわち世の中から必要とされている事業。社会に必要とされ、グループの成長につながる新ビジネスを、私たちはベンチャー精神に溢れた若い人材と一緒につくり出していきたいと考えています。

ページトップ
R-Vietnam VieclamBank ソトチカ G.A.コンサルタンツ株式会社 GAライフケア株式会社