ホーチミン工科大学 日本語教育クラス

About 日本語教育クラスとは?

  • Top
  • 日本語教育クラスとは?

写真

日本で就職をめざす新卒者が対象。エンジニアとして必要かつ最低限の語学力と技術力を養成するプログラム。

国立ホーチミン工科大学と提携。日越の絆を深める新たな担い手を育成する「日本語教育クラス」を開講。

ホーチミン工科大学(正式名称/ベトナム国家大学ホーチミン市校工科大学)は、1957年の創立。機械工学、電気・電子工学、情報工学など11の学部を擁し、2万6000人余りの学生が学ぶベトナム南部有数の理工系大学です。G.A.コンサルタンツの「日本語教育クラス」は、このホーチミン工科大学で開講される正規の科目。日本とベトナムとの間の架け橋となる人材育成を目的に、13年前にスタートしました。ベトナムでは、同様のプログラムが多数開講されています。その中で最も長い歴史と実績を有するのが、当社の「日本語教育クラス」です。

新卒者の日本企業への就業をサポート。 1年間にわたって日本語教育、技術教育、 ビジネスマナーを指導するカリキュラム。

写真

「日本語教育クラス」は、日本で働きたい、日本で学びたいという在学生を対象に、1年間にわたって日本語と日本文化を教育します。目標は、日本の企業で働く際、仕事や日常生活で使われる日本語をある程度理解でき、日本人と支障なくコミュニケーションできる能力を養うこと(日本語能力試験N3レベル)。プログラムは日本語教育と技術者としての意識付け教育を柱とし、日本語教育では「聞く・読む・書く・話す」をバランスよく養成する一方、意識付け教育では個人の自己分析や目標設定とともにビジネスマナーや日本文化についても理解を深めます。

第1期生(1996年度生)から、ここ14年間で、 2,834名ものベトナム人技術者が日本で活躍。 うち25%は、弊社が教育し、ベトナムより招聘。

ここ10年余りの間、日本とベトナムの交流は以前にも増して盛んになり、在留資格を持って来日するベトナム人エンジニアはうなぎ登り。1996年度生から14年間で、2,835人を数えています。そのうちG.A.コンサルタンツを通じて日本企業に就職したエンジニアは、700名余り。実に4人に一人が、当社の教育を受け、日本企業への就職を果たしていることが分かります。拠点進出先として、またマーケットとして、大きな注目を集めるベトナム。エンジニアの採用をお考えなら、豊富な実績と経験を誇るG.A.コンサルタンツにぜひご相談ください。

  • Home ホーム
  • 日本語教育クラスとは?
  • Flow ベトナム人技術者教育・採用の流れ
  • Case introduction 採用成功事例ご紹介
    • 01Case introduction
    • 02Case introduction
    • 03Case introduction
    • 04Case introduction
    • 05Case introduction
  • About お問い合わせContact お電話でのお問い合わせ 東京03-6380-5721 大阪06-6359-1816 名古屋052-681-4611 受付9:00-18:00 月~金

PAGE TOP